HOME » こだわりの注文住宅!風水レイアウト・インテリアで幸せアップ » 幸せになる風水レイアウト

幸せになる風水レイアウト

注文住宅の間取りをこれから考えるなら、風水を取り入れた運気が上がる間取りにしてみませんか?

リビングや寝室などの部屋ごとの間取りをどのようにするべきか、風水のポイントをまとめて紹介します。

風水間取りで運気がアップ運気が上がる風水の間取りを紹介

せっかく家を建てるのなら、風水にこだわった間取りにして運気をアップさせたいものです。

本格的な風水で間取りを考える場合は、個人が生まれ持っている吉方位・凶方位である「本命掛」を知ったうえで、この本命掛を参考にして間取りを決めていきます。

ですが狭い敷地が多い現代では本命掛によって全て間取りを決めていては家を建てることができませんし、家族構成や道路、隣家との位置関係によっては住み心地も悪くなってしまいます。

風水は基本的な部分をおさえるだけでも十分に効果があります。幸せを呼び込むのは、まず家族が幸せに過ごせる住み心地の良さがあってのもの。

住み心地を考慮した上で風水に良い間取りを無理なく取りいれてみれば、それだけでもぐっと家族の幸せ度がアップするはずです。

玄関やリビングなど各箇所の風水のポイントをまとめたので紹介します。

風水による間取りのポイント

それぞれの場所に良い方向や配置のポイントがあります。

風水では清潔さや明るさ、風の通りなどが大切であり、全ての部屋に一貫して言えます。

下記で紹介する間取りの方向に近づけながら、運気アップのインテリアも一緒に取りいれると良いでしょう。

玄関

風水を考える場合、玄関は非常に重要です。吉方位とされる東や東南、南側に玄関を設けるのが良いでしょう。

また、玄関は自然光が入り込み、風通しが良いとさらに運気がアップします。自然光が難しい場合は明るい照明を取り付けましょう。

リビング

家族皆が集まるリビングは、明るく空気の良い空間にすること。圧迫感のないように天井を高めにするのも良いでしょう。

玄関からリビングを通って各部屋に行くように配置する間取りも、風水的には良いとされています。

キッチン

キッチンの吉方位は、東や東南、西北です。火と水を扱う場所なので、風水的には注意が必要な場所になります。

空気をよどませないように通風を一番に考え、床暖房で足元も暖かくすると良いでしょう。

お風呂

間取りでいえばお風呂は鬼門に位置することが多いですが、換気と掃除をきちんとすれば神経質にならなくても大丈夫です。

東や東南に窓を設けておくと朝日が入り込みやすく、健康運を運んでくれます。風通しが良いと湿気も少なくなり、清潔で暖かいお風呂になります。

トイレ

トイレには吉方位がないので基本的にどの方位でも良いのですが、家の中心や玄関ドアを開けた真正面にトイレのドアが見えるような間取り、水と対立関係になる火をイメージする南は避けておくのが無難です。

毎日掃除をしてとにかく清潔を保ち、しっかりと換気をするのが重要です。

悪い気が漏れてこないように、ドアや便器のフタはきちんと閉めるようにしましょう。

寝室

寝室は北や東、南西の位置の間取りが良いでしょう。西日が当たると熱がこもりやすくなりますし、北向きは部屋の温度が下がるので避けておくのが無難です。

階段の近くや真下の間取りも睡眠の妨げになりますので避けます。ぐっすりと眠れる環境を重視し、健康を保つのが一番です。

一般的に北枕は縁起が悪いと言われていますが風水的には健康運を上げる効果がありおすすめです。